交渉で安くなる|引越しを単身で行なうヒント|時間の有効活用にもなる

交渉で安くなる

男女

定価がない

知らない人も多いのですが、引越し料金に定価は存在しないのです。一年中一定の料金で作業を請け負ってくれる業者はほとんどなく、季節や時間帯によっても料金は変わりますし、同じ月であっても1日違うだけで料金は変わるのです。定価がないので、ほとんどの業者は最初の見積りのときに高い見積もり金額を提示してきます。面倒な人は、最初に提示された見積もり金額で契約してしまうのですが、それは非常にもったいないことです。それは、引越し業者の言いなりになるだけであり、複数の業者から見積もりをもらったり、値引き交渉をすることで、最初に提示されて金額から格安になることもあるのです。そのため最初の言い値で契約してしまうほど馬鹿なことはないのです。交渉をすることで格安にしてもらえるのです。

値引きのチャンスは訪問時

値引き交渉をして料金を格安にしてもらうには、訪問見積もりにきてもらったときが一番のチャンスです。しかし、何も準備しないまま格安にしてくださいと頼むだけでは、安くならないケースもあります。そのため、しっかりと準備してから交渉に臨むことです。まずは、一括見積サイトを利用してできるだけ比較対象となるような材料を用意しておくことです。安い業者の料金も見積もり価格を示すことで、まだまだ提示された引越し料金では高いことを訴えます。引越し業者の営業マンも他の業者とお客さんの取り合いとなりますので、安くしてくれるケースが多いのです。あとは営業マンの反応を見てどこまでが限界なのか、その価格を引き出すことができます。見積りはネットと訪問時で2回行うことで、より格安にできます。